2017年9月22日金曜日

パリ1女子力UPの博物館はここだ!

今日のパリ9月22

ノートルダム寺院が綺麗に見える景色
どこからか撮影したかはまた次回。

★ヒント★


カスタマイズできるパリ旅 29PARIS.com




今日も落ち着いたクラシックな雰囲気を漂わせているパレスランクのブリストル
【Le Bristol Paris】
112 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris

ちょうどブリストルのお向かいに
昨年の12月に新しくオープンした博物館があります。


「博物館」と言ってしまうとなんだか雰囲気が違うのですが。

Le Grand Musee du Parfum
73 rue du faubourg Saint-Honore 75008

こんなところです。


ここは2016年12月にオープンした「香水博物館」

パリの「フラゴナール香水博物館」に行って、
がっかりされた方は多いのではないでしょうか。
ここに来る前にはそのイメージは捨て去って下さい!
最新ハイテク技術を集約した、しかしエレガントな博物館になっています。

なんだか階段からすでにエレガントさが出ているのですが、

上がると、こんな不思議な光景が。

真っ白い植物が生えているような、

その名も「香りの庭」
植物をイメージした白いニョキニョキと伸びる物体の先に
顔を近付けるとバニラやカシスの香りがします。

そして、香りのイメージが映像で映るのですが、
私が写真に撮ったこれは何だったでしょうか(笑)?

みなさん、あれよこれよと言いながら香りを嗅いでおります。


続いてこんなところも。

「香水博物館」なのに「なぜ耳に当てて聞いてる」
ゴールドの玉を耳に当てると、
香りの原料のエピソードが聞こえてくる仕組みになっています。
(ボリュームが若干大きくてうるさかった)
高尚なインスタレーションですね~!
できれば、空いている静かな時間にこのインスタレーションは味わいたかったですね。

これは「博物館」っぽいメカニックなコーナー
 
以前ブログに書いたプルースト現象を映像化したもの。

~特定の香りを嗅ぐと、その香りを付けている人を思い出したり、
当時の感情が蘇ってくる現象です。五感の中で唯一「嗅覚」だけが、
記憶、感情を司る大脳辺縁系に直接情報を送ることによって、
香りを嗅ぐと記憶や感情が思い起こされるという訳~




どこもかしこも美しくエレガントなのですが、
最新テクノロジーで体感型なので、子供だって飽きずに楽しんでおりました。
 
これは柑橘系の香り、これは歯医者の香り、と
自分の記憶と純粋に一致させて香りを知ることはとても良い経験ですね。
子供の頃からこんな美しい博物館に触れられるなんて、
パリっ子は羨ましいです。こんな子が育って
おしゃれなパリジェンヌやパリジャンになるんでしょう!

オーディオガイドも借りました。
自分の入った部屋に反応して自動的に解説が始まる仕組みになっていたので。
これもおすすめです。(日本語があるか未確認でした😣)

しーんと静かな環境で、感覚を鋭くして味わいたい博物館です。
天気のよい午前中がおすすめです。


子供のころ、両親にバラ園に連れていかれ、
退屈過ぎて頭に血が上って鼻血を出した記憶があります(笑)
ここは、子供連れでも全くそんなことはありませんので、
ご家族でもおすすめです。

Le Grand Musee du Parfum
住所;73 rue du faubourg Saint-Honore 75008
開館;火曜日ー日曜日 10時30分~19時(入場18時まで)
料金;大人14.5€ 子供9.5€ 6歳以下無料

フレンチエレガントでまた明日!
À demain
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
-------------------------------------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

マドレーヌ界隈で行列を作ったあのカフェへ

今日のパリ3月9日 Saint honore celebre fashionweek (どう写真を撮っても綺麗に撮れませんでした) パリ・サントノレ通り Fashion Week(パリコレ)は本当にパリの経済に大きく貢献しております! 世界中からジャーナリス...