2017年4月5日水曜日

パリジャンにとってショックなニュースが飛び込んできました!

今日のパリ4月5日

Diorの美しいパンプス
なんでこんなに欲しいものが次々次々次々・・・と出てくるのでしょうか?!
人生通しての疑問です(笑)
-------------------------------------------------------------------------------------
★ブログプラスのパリ情報はこちらから★
-------------------------------------------------------------------------------------

さてパリジャンにとってはちょっとショックなニュースが飛び込んできました!

フランス人はヴァカンスだヴァカンスだと365日叫んでいるようですが、
一応、社会は廻さなければならないので、
従業員が順番にヴァカンスを取得する会社ももちろんあります。
よって、6月に休も人もいれば、9月に休む人もいる。
そんな夏にパリ残り組パリジャンの憩いの場、それは、
セーヌ川岸の「パリプラージュ」プラージュ=砂浜)


毎年7月から8月にかけて、
セーヌ川沿いに砂が敷かれ、あたかもビーチのような雰囲気に仕上げられます。
パリジャンもその雰囲気にもちろん乗って、
ビキニで寝そべったり、ビーチボールで遊んだり、と夏の楽しみのひとつでした。

しかし!!!

そんなパリジャン憩いの
パリプラージュが今年はなくなるのか?!
というのです。

~事の流れはこう~
2002年からパリプラージュに砂を提供してきた仏・スイスの会社"LafargeHolcim"

パリ市は
”LafargeHolcim”が米トランプ大統領の仕掛ける
メキシコとの壁に砂を提供することに合意したこと
2013年から2014年にシリアでの武装勢力へセメントを提供していたしていたこと

この2点を問題視して"LafargeHolcim"の砂を使わないことに決定!!

よって、、、、
2017年のパリプラージュは開催されるには開催されるのですが、
【砂のないパリプラージュになるということです。

パリ市は、砂はなくても4月2日から解放された
=Parc RIVE DE SEINE=リヴセーヌ公園
(8ヘクタールでチュイルリー公園からBastilleまで広がる区間を
バスケやサッカーができる子供の遊び場を設置したり、
キュウイやブラックベリーを植えたり(食べられる)、
写真展を開催したり生活を豊かにする公園地域として設定)
ここがあるから砂がなくても十分楽しめるね!と。
砂がないのは残念ですが、きっとパリジャンならパリ市の意向を理解するのでしょう。

こちらは、PARC RIVE DE SEINEの
ドローンで撮影された映像です。曲もいいしやっぱり素敵ですね~

先日公園でドローンを上げていた子供たちにおっさんが
「高さは何mまであがるんだ?」「スピードはどのくらいだ?」
「映像はちゃんととれるのか?」と詰め寄っている場面に遭遇しました。
ちなみにドローンの先駆者的Parrotはフランスの会社です!

何度も見てしまう映像で、また明日。
À demain
--------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
どうぞ宜しくお願いいたします★
ポチッ→
フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ
ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

マドレーヌ界隈で行列を作ったあのカフェへ

今日のパリ3月9日 Saint honore celebre fashionweek (どう写真を撮っても綺麗に撮れませんでした) パリ・サントノレ通り Fashion Week(パリコレ)は本当にパリの経済に大きく貢献しております! 世界中からジャーナリス...