2018年3月13日火曜日

【パリメトロ】旅行中も罰金には気を付けて!!

今日のパリ3月12日
温かくなって来て、ちょっと変わった人が多くなってきたパリメトロ。
そのせいでしょっちゅう一時停止させられております。

カスタマイズできるパリ旅

春が待ち遠しい今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
この頃街では日本人の旅行者の方をたくさーーーーーんお見掛けします。
旅行シーズンでしょうか?

さて、旅行中でも乗ることが多いであろうパリメトロ。

パリメトロの構内には一方通行の場所があります。
一方通行のマークは日本と同じ赤丸に白のマイナス線ですので、
フランス語や英語がわからなくても、マークでイメージがつくと思います。

先日、このコンコルド駅で一方通行を近道をしようとして通った妊婦さんが
コントロール(監視員)に見つかって60€(約8000円)の罰金を取られました。

Le Parisien

旦那さんが他にも無賃乗車しているヤツがたくさんいるのに、
妊娠3か月の妻に罰金なんて!
とレシート画像とともに怒りのツイートをすると、
そんな、法律はない! ひどい、なんてこと!
と旦那さんを擁護する反響が多数上がっています。
一方、パリメトロRATP側はこのケースは稀だが、
「乗客の安全を守るために一方通行を設定している」と。
実は私もRATP側に賛成で
(事の詳細は分かりませんが)たとえ妊婦だろうが、
一歩家を出て公共交通機関に乗ったりと
公共の場で生活しているわけだからルールは守らないと、と思っております。
みなさんいかがでしょうか?



そこで、最近パリでのメトロでの罰則が注目されているので改めてアラートを!
題して、
=旅行者とは言えそんなあなたにも罰金が!!=

Région Île-de-France

①無賃乗車
※以下は一例です;また罰金を科せられた場合7日以内の罰金を支払った場合の金額
これを超えるとさらに金額が上がります 詳細はこちら
ー 切符やNAVIAGO(定期)を機械に通さなかった場合 5
ー 切符なし 35€
ー 喫煙 68€
ー 一方通行逆行など 60€
②自転車ダメ 
Le Parisien
メトロは自転車を持っての乗車は禁止 罰金60€
(RER郊外電車はOK またメトロ1番線は日・祝の16時30分までOK)

③構内での自転車、キックボード、スケボー等禁止

④写真やビデオの撮影
肖像権の問題上、メトロ構内、駅等での写真やビデオ撮影は禁止

⑤宗教活動、政治的活動は禁止

⑥物乞いの禁止 罰金60€

といった罰金の一例があります。
今日も(そういえば!)コンコルド駅でコントロールをやっておりました。
必ず何人か捕まっています。
決まって通路の端っこに連れていかれ
”俺は悪くない!” ”いや!罰金は罰金だ!”の小競り合い。
はたまた、コントロールをやっていることに気づいて、ダッシュで逆走していく青年も。
ドラマでございます。

みなさま、旅行者でも
フランス語がわからなかったんだ、と言い張っても逃げられなく、
容赦なく罰金が科せられますので、
特にも①無賃乗車(チケットの機会通し忘れ、チケットなし)にはご注意を!

過去の、私の「私は悪くない!」罰金話はこちらから
パピエといったら紙じゃーー!エピソードinメトロ8番線

明日はメトロでのセクハラの話。でまた明日!
À demain 
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援あ。りがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
------------------------------------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

マドレーヌ界隈で行列を作ったあのカフェへ

今日のパリ3月9日 Saint honore celebre fashionweek (どう写真を撮っても綺麗に撮れませんでした) パリ・サントノレ通り Fashion Week(パリコレ)は本当にパリの経済に大きく貢献しております! 世界中からジャーナリス...