2018年7月15日日曜日

こんなことってあるんだ(驚)!!

今日のパリ7月15日
日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に
“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する
大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。

ゴッホやモネの芸術にも多大な影響を与えた「ジャポニスム」。
この現象は、19世紀のフランスで浮世絵に代表される日本文化が紹介されたことから
一気に広まりました。
日仏友好160年にあたる2018年、時を越えて、現代日本が創造するジャポニスムは、
新たな驚きとともに世界をふたたび魅了することでしょう。
(公式サイトより)


カスタマイズできるパリ旅

HAPPY BASTILLE DAY
HOTEL JOBO INSTAGRAM

とみなさん聞いたことがありますでしょうか?
フランスでは7月14日は1年で一番か2番に大切な日です。

1789年フランス革命の発端となったバスチーユ監獄襲撃事件の一周年を記念して
翌年1790年におこなわれた建国記念日 (Fête de la Fédération) が起源となっています。
フランスではLe Quatorze Juilletキャトーズジュイエと言っていますが、
英語圏ではHAPPY BASTILLE DAYと言うようです。

ということを、毎年7月14日にブログに書いているような気がしますが。。。

この日に行われることは毎年決まっていて、
①シャンゼリゼの軍事パレード
②23時頃からのエッフェル塔の花火
です。


さて、
①シャンゼリゼの軍事パレード

最近支持率に変動がありますが、、、
マクロンさ――――ん😊
CLOSER
装いがシックだとブリジット夫人

今年は日仏交流160年を記念して日本の自衛隊が招待されました。

これを機にパリにやってきた河野外務大臣は次々にツイート。



随分楽しんでらっしゃる様子です(笑)

で、ここまでは良かったんですが。。。
今年はハプニングの連続のパレードだったんです!!!
 いつもの軍事パレードの最初の航空ショー✈



間違い探しのようですが。。。
フランス国旗トリコロールはこう!

そして、昨日はこう!

そうなんです!!!
一番左端の飛行がブルーなのに赤に間違っちゃいました!!!
本当にこんなことってあるんでしょうか・・・・
まぁフランス生活早〇年。
日々の出来事を見ていれば、ありえるね!の出来事ですが。。。(笑)

さらに、
パレード中に警察のバイク2台がずっこけるという!!
LEPARISIEN

【動画】

何やらハプニング続きの2018年のHAPPY BASTILLE DAY軍事パレードでございました。


②23時頃からのエッフェル塔の花火
テロ対策でガラスの壁が出来始めているエッフェル塔でございますが、
今年の花火はテーマが「愛のパリ」で、手掛けたの世界的に花火をてがける
Groupe F

【動画】



何やらバタバタと過ぎた7月14日
これを期に本格的にパリはバカンスに入り、
パリの人口構成の観光客と住民の割合が逆転します。
街はお店がどしどし休み始めてとっても静かな夏のパリの始まりです。

そんな静かなパリが好きでまた明日。
À demain 
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
------------------------------------------------------------------------------------

2018年7月10日火曜日

一体なんで?!あの博物館が急遽閉館。。。

今日のパリ7月10日
 ブヒブヒブヒ🐷
と、こんなアイテムを買って遊んでおります。
レアレアLouis Vuittonキーホルダー

カスタマイズできるパリ旅

さて、ここはLouis Vuittonサンジェルマンデプレ店舗。

そして、お向かいにあるのはパリ最古の教会サンジェルマンデプレ教会です。
夏のバカンスで訪れる予定に組み込んでいる方も多いのではないでしょうか。
 が、ただいま工事中でございます。。。。
 シートに覆われなんだかなぁですが、
 最古の教会を維持していくには必要な修復でございます。
約80%はシートに覆われている状態です。

そして、さらに新情報!!

今日友人と香りの話になり、
「そういえば、香水博物館閉館したらしいですよ!!」と。
なんですとーーーーーーー!!!!
😣😣😣😣😣


パリ1女子力UPの博物館はここだ!とこのブログでご紹介したのは
2017年9月のこと。

 2016年12月にオープンしたこちらの博物館。

【Le Grand Musée du Parfum】
73 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris
美しく、それでいて実験的な博物館で
パリジェンヌからちびっこまで幅広く楽しめる場所でした。
2016年12月~2018年7月の1年半ほどの短い期間の開館。
こんなにお金をかけたのに
何が起こったんでしょうか?????

facebookも6月20日まで更新されていて、
突如7月6日の投稿で閉館をアナウンスしています。

公式サイトも閉館と。。。

結局私は1度しか行っておりませんでしたが、なかなかいい博物館でございました。
パリ旅行で計画されていた方はこういうことになってしまいましたので・・・

残念ですが、新しい次のパリに期待してまた明日!
À demain 
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
------------------------------------------------------------------------------------



2018年7月9日月曜日

パリの名付け親になりませんか!!

今日のパリ7月9日
パリ・オペラ座近くの
インターコンチネンタルホテル 
Le Grand  2 Rue Scribe, 75009 Paris
これまで何度も行っているのに、
こんなスペースがあったなんで、全く知りませんでした!


カスタマイズできるパリ旅

さて、このホテルがあるのはパリ9区
何ですぐわかるかというと、75009となっているから。
というのは、みなさんご存知ですよね。

パリは郵便番号で何区かわかるようになっています
75001は1区
75002は2区
75509は9区



75016は16区
※高級住宅地はやっぱり郵便番号も特別で
75016と75116が存在します。



75020の20区まで

ですが!!
これまで馴染みのあったこのパリ20区が2020年
2020年なくなるかもーーー😵

2017年2月28日に採決されたパリ首都圏計画に基づくもので、
パリ1区から4区を統合して人口10万人のひとつの区を形成しようという計画。
そこで、パリ市はこの新しい統合区の名前を募集中!
あなたもパリの名付け親になれるかも!!

応募はこちらから名付け親になろうページ

これまでに出されているアイディアは、
« Cœur de Paris »パリの中心
 « Paris Centre » パリセンター
 « Secteur Lutèce»セクターリュテス
といった真面目なものから
«|N'importe quoi»
くだらない、ばかじゃないと言った意味
«Louvre Maris»ルーブルマレ
1区にあるルーブルからマレの4区までとシンプルな
«BOBOLAND»
ボボ;ダメージデニムとか古着を着ているのに実はお金持ちでちらっとロレックスやシャネルの指輪なんかシレっとつけているような人々を皮肉った名称(29の見解)
などなど。
これまで出されたアイディアを見ているのも面白いです。こちら
締め切りは7月15日まで。
どうぞお見逃しなく!

※ご安心下さい!パリ1区から4区までの郵便番号は継続されます※

À demain 
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
------------------------------------------------------------------------------------



2018年7月6日金曜日

ブラジャーについて語る

今日のパリ7月6日
メトロで隣に座ったパリジェンヌがこんなバックをもっておりました。
何これ?!!渋すぎ!!
一体どこからこんな物を見つけてきたのでしょうか。
あぁ、パリジェンヌの悪なき探求心よ。

カスタマイズできるパリ旅

さて、こちらのパリジェンヌ。
写真でちらっとおわかりでしょうかノースリーブワンピースです。
もちろんのことブラジャーの紐は出ております。
日本だとブラ紐が出ているとあまり良い印象じゃないんじゃないでしょうか。
こちらは議論の対象にもなりませんし、
もはやブラジャーが95%出ている人も普通に歩いておりますので。

個人的には
パリでは、“ち〇び” さえ見えてなければOKなんじゃないかと。
という見解です。

パリの皆々様は
胸の空き具合がはんぱないワンピースや
それ、どう見てもおっぱい見えてるでしょ級にうすっぺらいタンクトップや
(もちろんノーブラ)
そうかと思えば“ち〇び”はここですと言わんばかりのトップスで
ガシガシ街を闊歩しております。

で、ブラジャーの話なのですが、
最近とある美容系のお仕事に関わることがって、
パリマダム、パリジェンヌの下着姿を目の当たりにする場面にしばしば遭遇します。
下記に29PAIRS.com調べのちょっとしたデータを。

【パリのブラジャータイプの割合】
★カップで寄せてがしっと上げるタイプ 5%
yse

 ややカップありタイプ 10%
yse


それ胸守ってる?タイプ 85%
yse

日本ではまだまだカップで寄せてあげるタイプの方が多いでしょうか。
こちらパリでは、リボンなどよりも
レーシーで軽くてすっけすけワイヤーなし
それ胸守ってる?タイプ
が好まれているようです。ち〇びが目立とうがそれも良し。
ところ変わればでございます。

女子には大分身近なカルチャーショック速報でございました。
※画像はなかなか気になるランジェリーブランドYséより。


パリはブラジャーレベルでなく、
ナチュラリスト(全裸)が広がってビックリでまた明日!
À demain 
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
------------------------------------------------------------------------------------



2018年7月5日木曜日

パリ高級ブランドを牛耳るムッシュ

今日のパリ7月5日
目に優しい緑を求めて歩いております。

カスタマイズできるパリ旅

さて、フランスは言わずと知れた高級ブランドの街
HERMES
Louis Vuitton
CHANEL
Dior

CELINE
SAINT LAURANT
BALENCIAGA
などなど挙げればきりがありません。

そして、これらのブランドが多く集まるパリで一番高級な通りといえば
Avenue des Champs-Élyséesシャンゼリゼ
Avenue Montaigneモンテーニュ通りとその界隈

先日、ふとしたことでシャンゼリゼ某〇イ〇ト〇の※窓拭き職人※
黒人のおじさんと話す機会がありました。

※窓拭き職人※
パリのお店やレストランにいると、
たまに主に黒人のおじさんやお兄さんが多いのですが、
「窓拭きいかがですか~」
といきなり入ってきます。
掃除の難しいブティックの大きな窓を掃除することを生業にしています。
ブティックと契約している人もいれば、
単発でいわゆる流れの窓ふき職人として生活している人もいます。


そして、シャンゼリゼ某〇イ〇ト〇にいた窓拭きおじさん。
個性的な民族調ネックレスをしています。

「いや~ね~この辺のブティックは全部俺が担当しているんだよ」
「〇イ〇ト〇、バ〇バ〇ー、〇ル〇ィエ、」
「あそうそう、あそこのお屋敷も俺が窓拭いているんだよ
この辺(高級ブランド街と高級住宅地)はぜ~~~んぶ俺だ」
そうそう「俺と一緒にブティック行けばバックが半額になるんだ!」

😵👀😵👀😵👀

なんですと?!!!!半額?!!!
おっちゃん、ぜひ今度一緒に行きましょうよ!

世の中、どこでどのようにお金が回っているか知らないことがまだまだありますね!


フランスもサッカー盛り上がっております。
FIFAとLOUIS VUITTONのコラボ商品で“物から”FIFAを応援中⚽でまた明日
À demain 
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
------------------------------------------------------------------------------------


注目の投稿

マドレーヌ界隈で行列を作ったあのカフェへ

今日のパリ3月9日 Saint honore celebre fashionweek (どう写真を撮っても綺麗に撮れませんでした) パリ・サントノレ通り Fashion Week(パリコレ)は本当にパリの経済に大きく貢献しております! 世界中からジャーナリス...