2018年7月6日金曜日

ブラジャーについて語る

今日のパリ7月6日
メトロで隣に座ったパリジェンヌがこんなバックをもっておりました。
何これ?!!渋すぎ!!
一体どこからこんな物を見つけてきたのでしょうか。
あぁ、パリジェンヌの悪なき探求心よ。

カスタマイズできるパリ旅

さて、こちらのパリジェンヌ。
写真でちらっとおわかりでしょうかノースリーブワンピースです。
もちろんのことブラジャーの紐は出ております。
日本だとブラ紐が出ているとあまり良い印象じゃないんじゃないでしょうか。
こちらは議論の対象にもなりませんし、
もはやブラジャーが95%出ている人も普通に歩いておりますので。

個人的には
パリでは、“ち〇び” さえ見えてなければOKなんじゃないかと。
という見解です。

パリの皆々様は
胸の空き具合がはんぱないワンピースや
それ、どう見てもおっぱい見えてるでしょ級にうすっぺらいタンクトップや
(もちろんノーブラ)
そうかと思えば“ち〇び”はここですと言わんばかりのトップスで
ガシガシ街を闊歩しております。

で、ブラジャーの話なのですが、
最近とある美容系のお仕事に関わることがって、
パリマダム、パリジェンヌの下着姿を目の当たりにする場面にしばしば遭遇します。
下記に29PAIRS.com調べのちょっとしたデータを。

【パリのブラジャータイプの割合】
★カップで寄せてがしっと上げるタイプ 5%
yse

 ややカップありタイプ 10%
yse


それ胸守ってる?タイプ 85%
yse

日本ではまだまだカップで寄せてあげるタイプの方が多いでしょうか。
こちらパリでは、リボンなどよりも
レーシーで軽くてすっけすけワイヤーなし
それ胸守ってる?タイプ
が好まれているようです。ち〇びが目立とうがそれも良し。
ところ変わればでございます。

女子には大分身近なカルチャーショック速報でございました。
※画像はなかなか気になるランジェリーブランドYséより。


パリはブラジャーレベルでなく、
ナチュラリスト(全裸)が広がってビックリでまた明日!
À demain 
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
------------------------------------------------------------------------------------



0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

マドレーヌ界隈で行列を作ったあのカフェへ

今日のパリ3月9日 Saint honore celebre fashionweek (どう写真を撮っても綺麗に撮れませんでした) パリ・サントノレ通り Fashion Week(パリコレ)は本当にパリの経済に大きく貢献しております! 世界中からジャーナリス...