2017年5月9日火曜日

遅れてるフランス!日本に追いつけ!

今日のパリ5月9日

先日の新聞に掲載されていたこちらの記事。
Le Parisien 
La Fnac lance une carte bancaire gratuite
「fnac(DVDや文房具、本、電化製品などなんでもあるお店)が
クレジット機能付きポイントカードの新しいシステムを始めました!」

?????
と浦島太郎的気分になったのでフランス人の友人に確認しました。
「そういえば、フランスにはこういうお店発行のクレジットカードってないよね?」

「そうそう、フランスにはあまりないよ!」
スーパ―のカーフ―ルや携帯電話会社Orangeなど数社しかありません

日本ではコンビニやガソリンスタンドなど様々な種類の
お店発行クレジットカードが発行されていますよね!
なんとフランスにはほとんど存在していない、新しいシステムなんです。


先日、フランス人はカード支払いがほとんどとお伝えしましたが、
(「フランス人は現金が嫌い」)
そんなカード社会のフランスでお店発行のクレジットカードが
2017年のいまさら普及し始めるなんて、とっても驚いた記事でした。
何か裏の理由があるんでしょうか?

※通常フランスで日常的に使っている“カードは銀行発行の
主にデビットカード的使用方法のカルトブルーCBと言っているカードになります。
【LCL銀行】


★ブログプラスのパリ情報はこちらから★

さて、出遅れたフランス。
この頃メトロでこんな広告を目にし始めました。
Bye-Bye Cactus! はCactusはサボテンのこと
チクチクサボテンよさようなら!
美容・脱毛サロン検索サイトの広告です。

私がパリに来てから女性用カミソリや家庭用脱毛マシーンの広告は
見たことがありますが、こう大きく脱毛サロンの広告を見たのは始めてです。
=世界一毛に厳しい=日本人から見ると、
これまた?????「何を今更・・・」という感じですね!

基本的に「毛」についてあまりガッツのないフランス人。
お鼻の下の産毛は無礼講ですし、腕の毛はチャームポイント!
この前横断歩道で見かけたレディーはひざ下だけ綺麗にしてあって、
太ももは無法地帯の奇妙なコントラストを生み出していました😣
パリジェンヌは一般的にワックスやカミソリを主に使用しています。
サロン脱毛なんて、まだまだ一部の人の話。

また、広告戦略的には夏前の今時期に広告を打ち出すのが正しいのでしょうが、
脱毛サイクルから考えると全くもって間違った時期。
以前詳しく“脱毛について語った”解説したこちらの記事を是非ご参考ください。

すべての観点において、なんだか納得のいかないフランスの脱毛事情。
パリ在住日本人レディー界隈では脱毛難民が多数出現しています。
“日本に帰国した時に急いでサロンを予約しています~”と皆さん。
脱毛サイクルからすると定期的なことが大事ですので、とっても残念っ
日本はたくさん脱毛クリニック()があるので、
価格競争で値段も安いですし、プロフェッショナルでとっても素晴らしいです。
「レディーストーク「毛」問題」の記事にもかいていますが、脱毛はぜひ美容クリニックへ

早く、フランスにもレーザー脱毛文化が定着することを願っています!

メンズのみなさん!
レディーのつるつるお肌は日々のただならぬ努力の上に成り立っていることを
頭の隅にでも置いてくれたら感無量です😉

GW開けお疲れではないしょうか!元気にまた明日!
 À demain
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
-------------------------------------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

マドレーヌ界隈で行列を作ったあのカフェへ

今日のパリ3月9日 Saint honore celebre fashionweek (どう写真を撮っても綺麗に撮れませんでした) パリ・サントノレ通り Fashion Week(パリコレ)は本当にパリの経済に大きく貢献しております! 世界中からジャーナリス...