2017年5月29日月曜日

~パリジェンヌの香水離れ~ステレオタイプの崩壊

今日のパリ5月29日

【カンヌ映画祭2017】
17歳にして圧倒的存在感の
Lily-Rose Deppリリー=ローズ・メロディ・デップ
CHANELのミューズとしてモードだけでなく、

コスメや香水のイメージとしてもキャラクターが確立しました。

CHANEL / N°5 L'EAU

★ブログプラスのパリ情報はこちらから★


さて、香水文化と言われるフランス。デパートの香水売り場はもちろんですが、

パリ8区にできた香水博物館Le Grand Musée du Parfumもありますし、

73 rue du faubourg Saint-Honoré 75008 Paris
開館:火曜〜日曜 10:30〜19:00、金曜 10:30〜22:00
休館日:月曜

ものすごい素敵な内装のフレデリック・マレ
【Éditions de Parfums Frédéric Malle】
13, rue des Francs-Bourgeois, Paris

以前取材させて頂いた
【PARLE MOI DE PARFUM  PARIS-GRASSE】
10 rue de Sévigné 75004
【日本未上陸!】家族で守られるクロエ調香師の才能 in マレ

など調香師が量産にとらわれず独自の香りを求めて開いたブティックもあります。

また仏語で鼻を意味する「nez」(ネ)と言う単語は同時に調香師のことも指します。

PARLE MOI DE PARFUM
【左;世界的有名(クロエも)香水を生み出す「nez」ネ
Michel Almairac ミシェル・アルメラック氏と息子でPARLE MOI DE PARFUMオーナーの
右;Benjamin Almairacベンジャミン・アルメラック氏】
ベンジャミン氏は取材のお礼のメールに律儀に返信をくれた良い人💗


このように香水文化が根付いているフランスであり、
ステレオタイプにフランス=香水という図式が成立しています。
が、これが過去の話になりそうです。

先日友人と一致した意見ですが、パリでは、
「ここ最近特に若い女性の香水離れが見られる!」と。
通りすがりに香るのは年齢層が高い、いわゆるマダム層で
若いパリジェンヌでふわっといい香りがする人が少なくなっています。

そこで、
【パリジェンヌの香水離れの要因を考える】
金銭的
香水の価格は一般的平均的に100€前後(12000円前後)。
金銭的に余裕のない若い世代(10代から20代後半)のお金のかける優先順位は
まずファッション、コスメ、ヘア・ボディケア、、、そして香水
香水の順位は大分低くなっております。


例えば「miu miuの新しい香水、ボトルも可愛いし爽やかでいい香り~」買おう♪
MIU MIU / L'Eau Bleue / Eau de Parfum

翌月、「YSLのMON PARISモンパリの香りがちょっと甘くて、ボトルも素敵♪」

と言っても、ここで2個目に購入に結びつかないのが若い世代。
1つ購入したら2つ目は半年先、もしくは1年先になってしまいます。

お洋服のように、先月パンツ買ったから今月はワンピースを買っちゃった、
と定期的な消費アイテムに香水はリストに上がってきません。


大人になる通過儀礼
子供・若い世代から大人になる通過儀礼として、
お酒を飲みはじめたり、タバコを吸ってみたり、大人っぽいお洋服を買ってみたり、
いわゆる背伸びしたい時。
昨今、物の低価格化が進み、またファストファッションのデザインの
クオリティーがあがりバリエーションも増えて、
若い世代が大人を体験するのに十分なアイテムが購入可能価格帯で
何でも揃うようになりました。
お洋服、バック、シューズ、アクセサリーなんでも。
すると香水まで辿りつかなくとも、また香水というもので
女性性を磨かなくても十分満足するようになったということです。

とりあえずこのような見方でパリジェンヌの香水離れを見ていますが、
日本はいかがでしょうか。

日本人は香水をあまりつけないと言われますが、
柔軟剤のCM等を見ていると、香りにこだわった物が多いですし、
シャンプーの香りのバリエーションもフランスに比べたら
ものすごく多いような気がします。

久々にAmazon jpの柔軟剤コーナーを見ましたら
ものすごいバリエーションでビックリです。パリ以上

結局のところ日本人は香ることが嫌いなわけではない、というのが分かります。


個人的に通りすがりにふわっと香る人や、隣に座って香りがだたよってくる女性は
とっても素敵でおしゃれだと思っています。
以前も書きましたが「ブルースト効果」も立証されているわけですので、
香りの効果を見直してみたいですね!
※「ブルースト効果」特定の香りを嗅ぐと、その香りを付けている人を思い出したり、
当時の感情が蘇ってくる現象。五感の中で唯一「嗅覚」だけが、
記憶、感情を司る大脳辺縁系に直接情報を送ることによって、
香りを嗅ぐと記憶や感情が思い起こされるという訳です

と美しい夕焼け(といってもこれで22時過ぎ)を見ながら考えておりました。
みなさん、いい香りでよい1週間に!
 À demain
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
-------------------------------------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

【最新情報】エルメスソルドの謎を明かす回

今日のパリ7月22日 カスタマイズできるパリ旅 チームエルメスのみなさん こんにちは パリエルメスよりお届けしております。 先月の6月27日から2日間に渡ってパレドコングレで行われた事と言...