2017年4月6日木曜日

repettoがコラボ相手に選んだのは"イット"なブランドでした!

今日のパリ4月6日

午前中早い時間にボンマルシェに行ったら、はしご車が来ておりました。
火事かしら?!と思いましたが、食品館の装飾を修復していました。
営業時間前に終わらせよう!という考えは1mmもありません。

こんにちは ボンマルシェの回し者と化している29PARIS.comです。
ボンマルシェ食品館のパンコーナーが中毒性があって、
どうしても定期的に行かざるを得ないのですが、
行く度に面白い企画を展開しています!
パリ3大デパートの中でもセンスは一線を画しているのは
日々このブログでお伝えしています。

【今日のボンマルシェ】
3月31日から4月28日まで
ボンマルシェ本館1階
※工事中で悲劇的に迷う店内。フランス式1階のコスメグッズコーナーの奥です
【Pop-Up Mosaert au Bon Marché Rive Gauche】
ベルギーアーティストMosaert×Repettoのコラボ企画
が開催されています。



lebonmarche

Repetto=ダンスシューズ=ダンス=Edgar Degas エドガー・ドガ
という流れか定かではありませんが、
エドガー・ドガの作品からインスパイヤーされた
カラーリングのモカシン(350€)2種(フランス製)や
日本のタペストリーからインスパイヤ―されたお洋服(ベルギー製)が
展開されています。






※お話しを聞こうかと、このコーナー担当の店員さんを待っていましたが、
午前中早い時間だった為か、
どこを探しても待っても待っても出てきませんでした(笑) パリではよくある話し。

さて、これを手掛けたアーティスト
Mosaert
2017年ドシドシメディアに出てきそうなブランドです。お目が高い!ボンマルシェ

男性の方は
ストロマエStoromae
というマエストロをもじった名前で活動するシンガーソングライターで
フランスではDaft Punkを超える人気だそうです。(そこまでの人気とは知らんかった)
スタイリストだった女性と結婚して一緒に始めたのが
このファッションブランドMosaert
テーマはユニセックス
「男性と女性、若者と高齢者、すべての人が着れる同じアイテムを作ることは難しい。
僕たちは、ターゲットとする層を定めていない。
これは挑戦的で新しい試みだ。
僕らは誰もが身につけることのできる服を作りたいと思っているんだ」と。」
というコンセプトでシューズもトップスもすべてユニセックスサイズで展開があります。

     
ちょっと。。。。日本人のメンズが着こなすにはハードルが高いでしょうか?!


ジェンダーレスの世の中に合致した新しいコンセプトのブランド。
今回で4回目のカプセルコレクションを発表してまだまだ始まったばかりですが、
パリファッション界での注目度は上々のようです!
早々とそこに目を付けたボンマルシェの感性を学びに弟子いりしたい29PAIRS.comでした。
GQの表紙を飾るストロマエStoromaeことPaul van Haver




こんな華やかな服を着て出かけたいくらい今週もいい天気が続いているパリです。
また明日!
À demain
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

★ブログプラスのパリ情報はこちらから★
-------------------------------------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

マドレーヌ界隈で行列を作ったあのカフェへ

今日のパリ3月9日 Saint honore celebre fashionweek (どう写真を撮っても綺麗に撮れませんでした) パリ・サントノレ通り Fashion Week(パリコレ)は本当にパリの経済に大きく貢献しております! 世界中からジャーナリス...