2017年3月4日土曜日

パリ、おしゃれなRive Gaucheリヴ・ゴーシュを歩く。

今日のパリ3月4日

“JE SUIS RIVE GAUCHE! UNIQUEMENT!”
私はリヴ・ゴーシュにいるわ!リヴ・ゴーシュだけにね!
-------------------------------------------------------------------------------------
パリウェブマガジン アンチエイジングの資格
-------------------------------------------------------------------------------------
セーヌ川を挟んで右岸と左岸と言われるパリ。
日本のおしゃれな雑誌で取り上げられるのは
左岸Rive Gaucheリヴ・ゴーシュの方が多いでしょうか。
(ちなみに右岸はRive droiteリヴ・ドロワと言います)

左岸Rive Gaucheリヴ・ゴーシュは
日常的にこんな車が走っていたりする、パリ人でも憧れる地域です。

今日は左岸でも賑やかなRUE BONAPARTEボナパルト通りを歩いてみました。

サンジェルマンデプレ教会方面からセーヌ川方面に歩きます。



アンティークな手紙を扱っている古書店になぜか日本の勲章を発見。
27番地 Librairie Abbaye-Pinault
27 Rue Bonaparte 75006 

「(解読できない)監査人家元
ジャックアンリ・ピノー」
と書かれております。

マトリョーシカを集めたお店に、
25番地 PETEHOF 
25 RUE BONAPARTE 75006

としお作(笑)の“マトリョーシカとフォルムで間違われた”と思われる
吉祥を発見

Ladurée
21番地 21 RUE BONAPARTE 75006
常に乙女なラデュレ
あら!!
以前はバックや小物などを売っていたスペースが、、、
謎のRAVNというバックのポップアップストアになっておりました。
暗闇で人気が全くなく、寂しい。
1区のチョコレート店も閉店し、どうしたラデュレ・・・
Les Marquis de Ladurée( 14 Rue de Castiglione, 75001 Paris 閉店)


こちらは、以前から気になっていた素敵な壁紙やさん、
番地としてはラデュレと同じ21番地になっているんですね。
Little Greene
21番地 21 RUE BONAPARTE 75006


こんなギャラリー街になっているBONAPARTEボナパルト通りを
さらにセーヌ川方面へ進みます。

すると、深々とただならぬ雰囲気を漂わせるお店が見えてきました。
【BULYビュリー】
6番地 6 RUE BONAPARTE 75006
1803年にサントノレ通りに創設された仏老舗香水会社のBULLY。
200年の時を経て場所をボナパルト通りに移し蘇りました。
200年前の古来から愛用されていた伝統的なコスメを
美しいパッケージとともに販売するパリで注目のコスメショップです。

友人のASTRORIUMちゃん情報によるとなんと!日本に4月に上陸!

その話しを聞いて、今日久しぶりに店内に入ってみて盛り上がりに驚愕
以前はこんなに混んんでいなかった。。。
でもやっぱり素敵♪

店員さんとお話しをしていたら、
なんとBULYに取材をさせてもらうことになりました!
来週記事をアップしますので、日本オープンとともにどうぞお楽しみに♪

またパリと日本が近くなったようで嬉しいですね。
それでは、また明日!
À demain
--------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
どうぞ宜しくお願いいたします★
ポチッ→
フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ
ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. こんにちは〜〜〜!BULYの来日、ワクワクですね〜。
    とはいえ、29paris.comさんに教えてもらうまでは「手が描かれた何やらオシャレなハンドクリーム」の店と認識していた私ですが、、、(^-^;) 本国のみならず、外国でも大人気なお店ということで、パッケージだけではなく質もとてもいいんだろうなぁと感じています♪そんなBULYにインタビューなんてスゴイです!楽しみにしていま〜す!

    返信削除
    返信
    1. ASTRORIUMさん こんにちは(*^_^*)!! 
      まさかのBULYが日本出店。随分敏腕の“盛り上げ役”がついているようです。
      「手が描かれた何やらオシャレなハンドクリーム」の店、まさにその通りですね!!
      1本30€以上するんですが、おっしゃれ~な歯ブラシも置いてあったんです。
      気になる商品がまだまだたくさんありました。
      BULYの製品は置いてあるだけでバスルーム格上げアイテムだと思います。
      本店取材私も楽しみです。記事アップどうぞお楽しみに♪
      コメントありがとうございます!

      削除

注目の投稿

マドレーヌ界隈で行列を作ったあのカフェへ

今日のパリ3月9日 Saint honore celebre fashionweek (どう写真を撮っても綺麗に撮れませんでした) パリ・サントノレ通り Fashion Week(パリコレ)は本当にパリの経済に大きく貢献しております! 世界中からジャーナリス...